そうなんだ!?会計ソフトとは?

お金の出入りを正確に把握!

会計ソフトとは、お金の出入りを把握することを手助けしてくれるソフトです。使用されている現場はおもに企業ですが、個人事業主(フリーランス)の人にも使用例が多くあります。
会計ソフトを使うことで、入ってくるお金(収入)と支払ったお金(支出)の状況がよくわかるようになります。企業の運営状況が黒字なのか赤字なのかが一目瞭然になるのです。このような計算は、人が計算機を使って行うことも可能です。しかし事業の規模が大きくなるほどお金の流れが複雑になるため、ソフトの利用価値があります。また、税務署に収支を報告する書類を作るときも会計ソフトは役に立ちます。数値の入力さえすめば、あとは用紙に印刷するだけの場合もあるのです。

数値の入力が不要の場合も!

会計ソフトを使えば、事業におけるお金の出入りを簡単に把握できます。客から受け取った代金や自分で支払ったお金の金額は、人の手で入力するのが一般的でした。しかし近年では、入力の手間を減らす工夫をした会計ソフトもあります。
銀行口座やクレジットカード番号の登録がその一例です。事業に使っている口座などを会計ソフトに登録すると、その口座の入金・出金が自動的に記録されるソフトもあります。これにより、金額の入力間違いや入力そのものを忘れてしまうことを防げるのです。プライバシーが気になると思いますが、その点は配慮されていますし、番号登録をせずに使うことも可能です。会計ソフトを使えば、正確な収支の把握と会計業務の手間を減らす効果が期待できます。