魅力的!?会計ソフトの目的とは?

確定申告には何が必要?

インターネットが普及し、事業を始めるための初期投資が大幅に下がっています。これから、個人で事業を始めようと考えられてる方も多いと思います。
管轄する税務署に開業届けを出し、いざ個人事業主になると、毎年1月1日から12月31日の間に生じた所得に応じた税金を計算し、税務署に収める確定申告をしないといけません。今まで経理などしたことが無い人は、どのようにして計算するのか、分からないことだらけですよね。何が必要経費に計上できるのかなど、必要最低限の勉強はするとして、帳簿等はどのように付けるのか分からない方も多いのではないでしょうか。そんな方に会計ソフトをお勧めします。経理や簿記といった専門の知識も必要なく、入力していくだけで、確定申告に必要な帳簿が出来ます。

とっても簡単帳簿作り

確定申告には事前申請が必要な青色申告と、申告の必要が無い白色申告があります。そのどちらも経理簿が必要で、一定期間の保存が義務付けられています。白色申告は簡易的な帳簿だけで申告できますが、節税をお考えなら、ぜひ青色申告をお勧めします。
青色申告には複式簿記での帳簿が必要になりますが、今まで経理や簿記を学んだことが無い人でも、インターネット上にある会計ソフトで簡単に帳簿を作ることができます。インターネットでダウンロードできる会計ソフトの中には、無料体験期間があるソフトもあり、使ってみてから購入を考えることも出来ます。また、パソコンに帳簿を保存するので、紙の帳簿のようにかさばらず、管理も簡単です。ぜひ会計ソフトを使って、確定申告を行ってください。